<   2009年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
2009年 05月 31日
なんか
先週、年初来高値付けている銘柄なら、なんでもいい感じだな・・・
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-31 23:03 | 株系
2009年 05月 30日
呟き
石油利権

米英系のセブンシスターズから、BRICの新セブンシスターズへ
G7から、G20へ

景気回復のため、産業革命を起こすとも言うが、ロシアのように資源価格を下げさせれば
簡単に崩壊の危機に晒される(中国は別格として)脆さを使い、失われつつある米の覇権を
延命させようとしている?(取り戻そうとしている?)

原油・ガスで覇権を失った米は、逆に脱石油をスローガンに巻き返しを狙う。
ブッシュのエタノールや、欧州が、CO2売買市場を作ったように。

太陽光・蓄電池・原子力発電で。
欧米日が、真っ先に車の燃費に拘る。
新興国の石油資源力 vs 欧米の脱石油力

とにかく、国同士の協調策の波に乗せてもらい、バブルになったら売り、金を買う。

その時まで、「円高+金価格上昇=円建て金価格は横揉み」 を希望

とりあえず、6月SQまでは強いか?
それからは、そのとき考えよう。
------------------------------------

ふと・・・

皆が同じことを考えたら・・・ということを思い出し。

もし・・・という逆の考えを中期で考え、あと株式相場というより世界経済という視点で捉えると。


現状は、アメリカ国債の利回りは上昇(過去の大不況の事例だと10%前半程度まで)、
インフレモード突入、金価格上昇、ドル崩壊に備えるという人が増えている。
(超インフレモードになれば、天文学的な財政赤字も一般的な財政赤字に見える利点もあるけど)

もし、太陽光・蓄電池・原子力発電という流れを短期間で見事に達成させられたら・・・

(これも、達成できそうと希望を抱かせることが目的で、崩壊の延命策と言う人も多いが、
現状、それらの人の予想以上に株式相場は打たれ強い感じ。
ま、単純に昨年10月から6ヶ月で信用買いの投げが終わり、3月から6ヶ月後の間に
信用売りの投げが終わる感じの、単に需給でと考えるのが一般的だけど、なんか疑心暗鬼で
上がっている)

(あと、実際には、政策の影響にはタイムラグが発生するから、政策の柱は生きているものの、
周りの市場・経済は政策が実を結ぶまで一旦ボロボロになるかも)

グリーンニューディール政策の全てを短期間では無理だと思うけど、車を一気に燃料電池
に変えさせるだけで、石油需要の構図は一気に変わってくる。

ハイブリッド以上じゃないと燃費達成できないような号令を出し、GMも政府の管理下に入る。
どういう自動車を米で販売させるか、政府が日本車含めて販売シェア半分以上に影響を与え
られるのでは?
米で、そういう車ばかり売れるようになったら、欧州の自動車メーカーも乗らざるを得なくなる。

それに加え、燃料電池の分野において、日本が世界シェア70%を握っている。

石油覇権が奪われて次の覇権を狙いたい米と、燃料電池世界シェア1位の日本が、
連携して動いているのであれば、もしかしたらとも思える。

世界中が石油で動き、利権が絡んでいる状態で、日米でそれを覆そうとするのは、
至難の技とも思えるけど、まず、車だけなら言い訳が立つ。

ドルヘッジでの金買いはもちろん良いと思うけど、これもよく言われるように、世界で産出された?
埋蔵が確認されている?金の総産出量は、東京ドーム1杯分程度?のようで、世界通貨をヘッジ
にするには、量があまりにも少なく、さて、ではどうするのだろう?と。


ま、某氏によると、グリーンスパンが、オバマが当選する3年前にオバマを大統領にすると決めて
いただのという噂話もあったようだし、今の政策全て、費用対効果の合わない目先の時間稼ぎ
だけなのかもしれないけどね・・・

政府がお金を出して消費させているのは、本当の消費ではなく、税金を使って消費させているという
タコがタコの足を食べている状態と思えるから、その間に新しいサービスを創出し、自発的に消費
したいと思わせないとね・・・今まで、そういう政策が、費用対効果で成功したことあった?
暑いからといって、冷蔵庫の扉を開けて涼んでいると、結果的に部屋はさらに暑くなってしまうのよね・・・

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

31日 追加

どの程度まで官民一体型で盛り上がるか分からないけど、過熱するほど盛り上がってくれるのであれば、
やはり、以前のITバブルと同じようなタイプ、推移になるのかもしれない。

ITが全てを変える。
IT部署を作りましたと発表したら、翌日ストップ高した企業があった。

確かに技術は急速に進歩したが、ある程度までゆくと、あちこちで過剰投資が始まり、そして競争の激化
で薄利に、そして採算が合わなくなる企業が増えて、急成長事業ではなくなってしまうと認識され、一気に
崩壊。
国家戦略のパターンにあるタイプ・・・

ソフトバンクの株価を思い出せか? 
1999年3月~2000年2月末 約、一年間盛り上がる。

前に書いた、ノックアウト債が日経5~6000円とあったように、ITバブルのようなバブルの後、本当にその
指数を見にゆくのかもしれない。
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-30 06:40 | 株系
2009年 05月 28日
GMの債権保有者が、債務を株式へ転換する提案を受け入れたとニュースが・・・

社債保有者が

CDS>株式10%
CDS<株式10%+ワラント15%

と単純に考えた?

しかし、CDSを選べは、一旦リセットできてキャッシュが確実に入ってくる。
株式化を選べば、キャッシュ化は先送りになる。

上下動する株価で、幾らで換金できるか分からないリスクもあるのに?
それを考えると、株価が上がる明るいビジョンを説明され、その実現性に納得したという可能性も?

トヨタか?
ダウ追加は、ぐぐる? とよた?
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-28 23:36 | 株系
2009年 05月 28日
あれ・・・
三洋、押さない・・・(涙

これで245円超えたらどうなるんだ?
一度は、跳ね返されると思ったのに。


アメリカと別行動

売りが期日が来て踏まれているというか、短期売りが即買い戻しているというか・・・
富士フイルムといいい、アメリカ下がっても上がっちゃうモードに。

オリンピック用地系も買われ続け。

しっかし、昨日、大量に空売り入れている組ってなんだろう?怖くないの?

野村投信絡み、エルピーだ
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-28 12:33 | 株系
2009年 05月 27日
東芝
値決め終わったっけ。

そういえば、4月から水関連でチビチビ買っていたのは、日本上下水道2325 とか
今は、他の業種がイケイケで業種物色が止まっている?(汗・・・出来高少ない銘柄だしね・・・

-------------------------------
えぇぇぇぇ

中島梓さん=栗本薫さんが亡くなったの・・・

グインサーガは、ペリーローダン他、SF・ファンタジー系で若い頃よく読んでいた。
(一番影響を受けたのは、マイクルムアコックシリーズ)

100巻超えた辺りから読んでいないけど、今どうなったのだろう?・・・調べたら、126巻で未完の作品となったのか。涙
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-27 09:41 | 株系
2009年 05月 26日
オバマ、バッテリーブームを刺激
ブッシュはエタノール、オバマは燃料電池と

燃費が数割良くなる中途半端で意味不明なブッシュより、オバマの方が良い。
-------------
円高になるなら、日本の不動産買っておけってか?
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-26 20:04 | 株系
2009年 05月 26日
燃料電池
先日の日経を見て

見たことないけど、電池は簡単に取り外せるらしい。
充電するのではなく、充電済みの電池と交換するガソリンスタンドがあるらしく、それだと1分30秒で交換が終わるそうな。
メーカー保証とかどうなっているのかわからないけど。

もちろん、急速充電の技術が進歩して、5~10分程度でフル充電できるようになるのであれば、充電スタンドは活用されるはず。

簡単に取り外せるのならば・・・
立ち寄るスタンドは決まっていても問題ないから・・・・
あらかじめ、スタンドに電池を充電してストックしておいてもらい、交換するだけでいい。
中大企業になれば、会社の駐車場でも交換できる。

家庭の場合は、ゆっくりと充電してもいいからOK(でもって、太陽光発電と相互エネルギー利用)
企業の場合は、バッテリー交換or会社で充電。


どういう流れになるのか分からないけど、一回充電で400km以上走れ、半充電5分~フル充電10分程度(自家用だと気にしないし)、プリウスほど安くないレベルの大衆価格の車が売られている時代は、あと3年~で一気に来るのではないかなぁ。

で、充電スタンドという新しいスタイルができると、最初はガソリンスタンドが併設することもあるけど、1年程度で一気に充電専用スタンドが増殖(石油の臭いや、液体の汚さもなく、大げさな権利や設備も必要ないので、あちこちにできそう。 (パーク24みたいな時間貸し駐車場は、停めながら充電するサービスを、もうやっていますよね)

太陽光とかは、技術革新と競争が凄くて、良い技術でも、資金にどこに投資してよいのか分からない感じだけど、燃料電池に関しては、現状、自動車販売店からでないと買いにくいというのがあるから、先行者メリットがある感じ?

----------------------------

全ては、現状、そう思うだけで、来るであろうアメリカのインフレが何を巻き起こすのか分からないから、あくまでという感じだけど・・・でも、インフレになったらガソリン代も凄いことになるだろうし・・・

行け!<量産型ドル>

(とりあえず、原油価格100ドルとか150ドル程度のインフレならまだ想定の範囲内だと思うんだな。・・・そうなった場合、待ったなしだから、研究段階で3割効率アップとかいうより、そこそこでもいいから量産命!になるか
でも、悪性のインフレだと、石油も下がり、金しか上がらなくなる?汗)

その時の円高が普通の円高なのか、ドルのインフレがハイパーインフレで、通貨全体を巻き込んでしまうのか分からない。
とりあえず、モノ、資源、そして金!これだけは、いつでも対応できるようにウォッチ。
円高だと金価格が上がっても価格上がらないからねぇ。
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-26 12:02 | 株系
2009年 05月 25日
三洋 2
TOBの部分の話ではなく、大きな動きとして別の方向から見た場合のことなのですが、GM等アメリカの自動車メーカーを苦しむのが分かっているのに、燃費基準を強化したのは、以前噂で流れていたトヨタと提携するなりさせるための戦略というか、サービスではないのかな?と。

エタノール関連企業も壊滅・・・ブッシュ政策だから、オバマとしてはどうでもいいですね。
そもそも、最初から?で、こんなのは、国家的仕手相場としか思えなかったし。

GMを一度破産させてから立て直すのも、最初はCDSでヘッジを掛けていたところが破産させたほうが儲かるからと言われて納得していましたが、一番の問題は労働組合なわけで 
(日本的思考だと、このままだと会社が倒産してしまうから、賃金を少しカットさせてくれ<業績戻ったら元に戻すから?>と言えば、納得せざるを得ないと思うのですが、首を縦に振らないのが凄すぎ)
一度破産させて再構成できるのであれば、トヨタも納得しやすいのではないか?

という考えも、自分の中に追加してます

BYD  チャート

5/25 BYD 時価総額2285億円 株価402円 PER59倍 円換算 
5/26 ユアサ 時価総額2650億円 株価723円
5/26 三洋 時価総額4000億円 株価214円

10%までしかBYDに投資できなかったバフェット、三洋(ユアサ)はどうだったのだろう?

VW = BYD・三洋
トヨタ・GM = 三洋
GM = 日立?
三菱・ホンダ = ユアサ

アバウト
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-25 12:12 | 株系
2009年 05月 25日
強いなぁ
ヤケですか?と見ていた千代田や、データホライゾンまでも止まらない・・・

石油価格が上がるということは、全ての投資も増えるということで、千代田なんかのプラントも。
世界が活況になると、又食糧問題・水問題。

電気やガスはなくても生きていけるが、食べるものや水がないと人は死ぬ。

石油価格が上がるというより、ドル安だから金も石油も価格が上がってくる。
石油価格が上がれば、さらにエコカーが注目。

(ハイブリッドは繋ぎであり、5年以内に、電気自動車が急速に普及し始めると思う。
エンジンなんか要らないから、バッテリー・内装・ブレーキ(とハンドリングはいるね)でok。
これからの自動車選びは、デザイン重視。)

世界、全ての物色の根底はドル安にあり?

中国等で、液晶TVが売れているから、ブイテク、ザインなんかも物色継続と。

日本の家電量販店も凄いみたいだけど・・・ケーズやヤマダ、ビック相場に乗れていない。
パフォーマンスで言えば、大京や長谷子、アイフルの4倍組の方が凄いけど、2桁銘柄のパフォーマンスは戻り相場では本当に凄い・・・長谷子はまだ2桁だけど・・・


唯一持っていた薬品関連で、無茶苦茶嵌っていた塩野義が上がってくれて嬉しい・・・

ワコムみたいのも上がっているけど、トレンドじゃなくて気合が入らない。
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-25 09:37 | 株系
2009年 05月 24日
三洋
GSの買取希望価格は250円 (180円×プレミアム1.4倍)

GS、優先株の継続保有、他の大株主の優先株を買い取る先買権のカード

---------
現状の株価上昇と、先買い権の行使等のカードを見せ、買い取り価格上昇交渉(条件)の可能性。 

パナは、目先、合併成功よりも買収費用の増大売り。今の下げとの相関性?

GS、パナがTOBを白紙撤回しない可能性を高めるため、共同工場建設等、後戻りしにくいようにできる限り引き伸ばす。
(TOB価格をあまりにも吊り上げられた場合、パナが諦める旨の口先コメントの下げ効果。)

GS、どこまでやるのか?
TOB交渉で、自分の納得できる株価まで動かして売却して終わりか、現実の燃料電池の未来性も踏まえ長期で構えるのか?
(先買権を行使する可能性。低い)

世界の競争法のクリアの発表の時期と、それまでの株価の動きを考える
(競争法クリアの前に株価を急いで上げているのか?上げると困るから競争法のクリアを急いでいるのか?)
TOB価格の交渉のニュースはどのタイミングからか?
目先の株価のピークをどの段階に持ってくるのか?
※ニュースと株価の動きで、GSの思惑を考える。
(三井住友、大和が安値で応じれば応じるほど、悔しさをプレゼントするために株価を下げさせたくないとか?)


TOBで株価を終わらせるのか、そのまま次のフェーズに入るのか?
日経の下げとのバッティングした場合の株価の耐久性、ポジションを考える。
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-24 10:24 | 株系