2010年 01月 11日 ( 2 )
2010年 01月 11日
自己確認
現状の自己確認

日経4900円?為替、やテロ?天災?のノックイン債が、兆円単位規模の契約があるのに、あんな高い利回りの支払いをしたまま、このまま無事に満期を迎えるとは思っていないので、やはり長くても満期ラッシュ1年前程度からは、一気に急落して、ノックインするのだろうなぁという思いが強いのは変わらず。 
満期ラッシュを調べるには、どこを見ればいいのだろう?
万一そうだとしても、何年も先のことだから、いつか分かればいいという程度なんだけど。

あまり関係ないけど、昨年来ていた案内

欧州投資銀行発行 ブラジルレアル建てゼロクーポン債 10年債

償還 2019年   最終利回り 13.6%

2010年~2013年に32兆円のインフラ投資に踏み切る
2014年 サッカーワールドカップ
2016年 オリンピック
2019年 償還

為替の位置さえ変わらなければ、10年で約2.3倍
(為替が57%程度下落しなければ、元本割れはしない)

レート

リーマンショック前高値 69.6円
現在             53.6円
リーマンショック後安値 36.8円
損益分岐点        20円チョイくらい

正面から見れば、ブラジルの高成長は期待しやすく、よい商品
当たり前的に疑って見ると、2016年から数えても、償還までまだ3年あり、損益分岐点は、リーマンショックの安値36円の遥か下にある。

こんな長期間世界が壊れていなければ、問題だった米の債券も期日を迎えているものも多いと思うが。
ま、売れるか?が問題で、売ったら何年後に崩壊しようと関係ないですけどね。

前回のITバブル2000年から10年1桁が0の年は本当にバブルのか?

スマートグリッドとか自動車とか、確かに凄いことなんだけど、なんか新しい生活革新とは違って、複合的改革、複合的効率化というか、個人的にはドーンと分かりやすい夢が足りない。
クラウドなんかも、効率的ビジネススタイルへようこそという感じ。
ゲノムバブルとかの方が夢があった。
臓器交換とか、細胞の活性化で超延命とか、研究じゃなくて普及の目処がみたいな感じの。
人間の究極の贅沢って、生きることだからねぇ。そんなすぐには無理だろうけど・・・
前回のバブルの時も、ITバブルが終わりかけたときに、交代してバブルになったんだよね。

呟きが止まらないからやめておこう・・・
[PR]
by trader_korosuke | 2010-01-11 21:24 | 株系
2010年 01月 11日
為替 ドル円
5日の91.3円に続き・・・ 92.2円が押し目いいところかな?


--------------------------------------------

以前書いたと思うけど、どこに書いたか不明になってしまったので・・・

相場がバブルモードになったらの話で、前回のバブルの時は、ソフトバンクが全員参加の大相場で吹っ飛び。

今回は、どの銘柄がターゲットになるのか? それが勝負のポイント。

ソフトバンクは、まだじり高で跳ねていないけど、今回もなのか、どうか分からない。

任天堂も大相場だった。今、戻っているけど・・・

ITバブルの時は、ソニーが快調だった。 円安とブランド復活で、の可能性もあり・・・
それとも、穴銘柄三菱重工か?

ハイテク寝嵩株も、皆ストップ高だった。(先日、崩壊前の高値目指すのではと書いたのは、時価総額数千億~兆のこの辺の銘柄)

関係ないけど、持っている中で、今、一番ポジが大きいのはエルピーダ。汗

12月の中国の輸入が急増。 そこまで買い占めるかの銅、原油、大豆、鉄鉱石。
コモディティ、なんでも買っておけ状態。

何度も肩透かし喰らったけど、本気で世界の物流が復活するならば、月足チャートで底を這っている海運
そして、おまけで飛行機素材(これも、売買見ていると、どこかが上に動かしている。ただ、上値を買うと嫌がるタイプ)

ファナック 6954
キーエンス 6861
THK 6481
TDK 6762
SMC 6273

日本電産 6594
日本電産サーボ 6585
日本電産リード 6833
日本電産コパル電子 6883
日本電産トーソク 7728
日本電産サンキョー 7757

三菱重工 7011

任天堂 7974
ミツミ 6767
etc

って、挙げればかえって選びにくくなるほど銘柄はあり、このクラスの外資注目度銘柄は全部同じか。
[PR]
by trader_korosuke | 2010-01-11 12:23 | 株系