2010年 01月 19日
今日、12月1日以来初めて
先物指数が支持線を割れて引けてしまった。

全体見ると、株を買うということ=株主になるということ に、全く興味がない数字売買屋が多く乗っている銘柄は急落しているけど、それ以外は、そこまで下げていないというか、プラス推移の銘柄や、高値更新銘柄も結構あり、底堅いといえば底堅い。
ただ、日々、ジリジリと上がって高値更新継続も多いから、元気個人には物足りない。

節分天井という言葉が、ネットのニュースによく出てくるようになったので、逆にそれは無い鴨?と思っていたりもしたのだけど。(あと、天邪鬼情報が、売りモード、さらに情熱的に継続ということもあり)

毎度の節分天井の場合、個別はその少し前に高値を付けて(1月19日~)とか。 

そこからは、再度高値を目指すも戻りきれずを繰り返し、全体的に下げという印象。

局地的に、シコッていない信仰が順番に跳ねたりするけど、結局徐々に上値重い銘柄が増える。

あと、ドバイの融資?が1兆円から5000億に変更のニュースが出ていたり、為替がジリジリ円高だったり、三井住友の値決めまで保たせればとか。

ここまで売り方を締めておいて、逃がしてしまうの?とも思うけど、ソニー他、昨日売り方が諦めて買い戻している銘柄も多かったし、押して引いてを繰り返した方が、相場は強くなるか・・・

でも、今日の個別を見ていると、指数が弱そうだからと手仕舞いしても、資金は抜けていないから、下がらない銘柄も多そうで、何をどうしてよいのか混乱する。

プロミスは、一旦売った後、960~970円台で半分程度買い戻したけど、どう動かしたいのかは明日だな。

とりあえず、上下動銘柄に期待するしかないか・・・強者がやっているから、何度も振り落とし入れてくるのよねぇ・・・
[PR]
by trader_korosuke | 2010-01-19 15:50 | 株系


<< おや? いろいろ書きたいが >>