2009年 10月 28日
早速
DeNA吹っ飛び・・・大して買っていなかったけど。
でも、高値付近で売り、27万付近で又買い直してしまい・・・縁を切っていない状態。

GS、毎日先物売り続け、1万のプット買ったままと。

とにかく、日本市場を世界の中の一国と冷めた目で見て、買う意義のある企業を買う。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・・・結局、日本人は好き、成長しようとしている日本企業は好き、日本国の経営は急激に嫌になっている。(小泉総理就任以降、彼らだけで修復できる範囲を超えてしまった気がする)

好きな日本人の部分も、とにかく成長を求める国の人達のやる気を見てしまうと、自分含めてバイタリティという部分で徐々に足りなくなり、警戒レベルを超えてきていることがよく分かる。

ファンタジーで言えば、白と黒、そして灰色の世界みたいな。
白の世界は楽が充満し、やる気がなくなってしまう。
黒の世界は、人を蹴落としてでも上を目指す向上心を超えた貪欲さで、よく言えば活気付いている。
日本は、灰白から白の世界へ。 中国は、黒から灰黒の世界へ。

同じ努力をしても、途上国は、やったらやった分だけ自分が成長し幸せになる可能性が高いが、日本は確率が低すぎるし、失敗したら後がない可能性が高い。

古き良き日本。今活躍している世代が灰色の時代。これからは白の人達が主流になる時代。
最近、2歳のうちの子どもが宮崎アニメを見るようになったけど、彼が亡くなってしまったら、日本が世界に誇れるアニメが減るなぁ・・・そのうち中国に抜かれるのか・・・

(関係ないけど、エヴァンゲリオンの庵野秀明氏が、映画ナウシカの巨神兵を描いていたなんて初めて知った。あの動きがエヴァの動きに繋がったのね(笑)


中国とかブラジルいいなぁと思うのだけど、それって結局、自転車レースと同じで、先頭走っている人は目立つ反面、空気抵抗が凄くて、途中で後ろに下がる・・・それが以前は日本だった・・・それの繰り返し。永遠なる勝者はいない。

結論としては、世代単位の長期で考えると、人類は皆共存して生きているということ。
競争しているようで、その相手がいなければ闘えないし、守る必要ももなくなってしまう。
国も人類というカテゴリー分けで見たら大したことない。
[PR]
by trader_korosuke | 2009-10-28 11:42 | 株系


<< パターンの一つとして ホップ ステップ ジャンプ >>