2009年 10月 07日
結局南極大冒険
先日の2、5日は買いで・・・問題はこの上げがリバウンドかどうか?

本気で世界を麻痺させたまま、ここからが本番ムードならば、日本は、今回の下げが年内最後の買い場となる可能性?そうなると、日本より外国の方がさらに凄いことに?

ドルキャリーマネーが、日本のMSを勝手に夢見て、野村等、一部銘柄に特攻。
世界を見て買う意義がある銘柄、商社、資源等は簡単に物色される。
船が本当に上がってきたら、世界景気が本気に戻りそうと思えるから、商船三井なんかの株価に注目。

米株で追いかけている銘柄は昨年の高値更新しそう。

・・・・しかし、やはり来週まで見てみないと、まだ分からない。急上昇か急落か・・・

指数は、オプション絡みモードで、以前の流れを当てはめると、
一度9750円を割れて9500円向けてみるが失速して、そこで売りへの顔を立て
次に10000円目指してみて、触れるかわからないけど失速して、そこで買いへの顔を立て
そして、結局中間で折り合う感じ?

でも、その週の水曜日は実際に向かう方と反対の方にできる限り振れて、それでおしまいの場合もあるわけで。
でもって、今は売り越してしまっている年金だけど、水曜日の午後に買い支えに入ってくることがあるから、午後はどうなるのかな?

TOWA
[PR]
by trader_korosuke | 2009-10-07 11:33 | 株系


<< 商船三井 2日に書いた >>