2009年 05月 26日
燃料電池
先日の日経を見て

見たことないけど、電池は簡単に取り外せるらしい。
充電するのではなく、充電済みの電池と交換するガソリンスタンドがあるらしく、それだと1分30秒で交換が終わるそうな。
メーカー保証とかどうなっているのかわからないけど。

もちろん、急速充電の技術が進歩して、5~10分程度でフル充電できるようになるのであれば、充電スタンドは活用されるはず。

簡単に取り外せるのならば・・・
立ち寄るスタンドは決まっていても問題ないから・・・・
あらかじめ、スタンドに電池を充電してストックしておいてもらい、交換するだけでいい。
中大企業になれば、会社の駐車場でも交換できる。

家庭の場合は、ゆっくりと充電してもいいからOK(でもって、太陽光発電と相互エネルギー利用)
企業の場合は、バッテリー交換or会社で充電。


どういう流れになるのか分からないけど、一回充電で400km以上走れ、半充電5分~フル充電10分程度(自家用だと気にしないし)、プリウスほど安くないレベルの大衆価格の車が売られている時代は、あと3年~で一気に来るのではないかなぁ。

で、充電スタンドという新しいスタイルができると、最初はガソリンスタンドが併設することもあるけど、1年程度で一気に充電専用スタンドが増殖(石油の臭いや、液体の汚さもなく、大げさな権利や設備も必要ないので、あちこちにできそう。 (パーク24みたいな時間貸し駐車場は、停めながら充電するサービスを、もうやっていますよね)

太陽光とかは、技術革新と競争が凄くて、良い技術でも、資金にどこに投資してよいのか分からない感じだけど、燃料電池に関しては、現状、自動車販売店からでないと買いにくいというのがあるから、先行者メリットがある感じ?

----------------------------

全ては、現状、そう思うだけで、来るであろうアメリカのインフレが何を巻き起こすのか分からないから、あくまでという感じだけど・・・でも、インフレになったらガソリン代も凄いことになるだろうし・・・

行け!<量産型ドル>

(とりあえず、原油価格100ドルとか150ドル程度のインフレならまだ想定の範囲内だと思うんだな。・・・そうなった場合、待ったなしだから、研究段階で3割効率アップとかいうより、そこそこでもいいから量産命!になるか
でも、悪性のインフレだと、石油も下がり、金しか上がらなくなる?汗)

その時の円高が普通の円高なのか、ドルのインフレがハイパーインフレで、通貨全体を巻き込んでしまうのか分からない。
とりあえず、モノ、資源、そして金!これだけは、いつでも対応できるようにウォッチ。
円高だと金価格が上がっても価格上がらないからねぇ。
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-26 12:02 | 株系


<< オバマ、バッテリーブームを刺激 三洋 2 >>