2009年 05月 24日
三洋
GSの買取希望価格は250円 (180円×プレミアム1.4倍)

GS、優先株の継続保有、他の大株主の優先株を買い取る先買権のカード

---------
現状の株価上昇と、先買い権の行使等のカードを見せ、買い取り価格上昇交渉(条件)の可能性。 

パナは、目先、合併成功よりも買収費用の増大売り。今の下げとの相関性?

GS、パナがTOBを白紙撤回しない可能性を高めるため、共同工場建設等、後戻りしにくいようにできる限り引き伸ばす。
(TOB価格をあまりにも吊り上げられた場合、パナが諦める旨の口先コメントの下げ効果。)

GS、どこまでやるのか?
TOB交渉で、自分の納得できる株価まで動かして売却して終わりか、現実の燃料電池の未来性も踏まえ長期で構えるのか?
(先買権を行使する可能性。低い)

世界の競争法のクリアの発表の時期と、それまでの株価の動きを考える
(競争法クリアの前に株価を急いで上げているのか?上げると困るから競争法のクリアを急いでいるのか?)
TOB価格の交渉のニュースはどのタイミングからか?
目先の株価のピークをどの段階に持ってくるのか?
※ニュースと株価の動きで、GSの思惑を考える。
(三井住友、大和が安値で応じれば応じるほど、悔しさをプレゼントするために株価を下げさせたくないとか?)


TOBで株価を終わらせるのか、そのまま次のフェーズに入るのか?
日経の下げとのバッティングした場合の株価の耐久性、ポジションを考える。
[PR]
by trader_korosuke | 2009-05-24 10:24 | 株系


<< 強いなぁ 現状 >>