2008年 10月 03日
この下げの雰囲気
以前、どこかで拝見したブラックマンデーの前の株価の動きに似ているような?
一日数%ずつ指数が下がっていて、下げすぎて売るのも嫌になって、嫌気が差していたところで・・・
って、こんな状況だと、誰でも思います罠。

過去教訓があるから今度は起こさない、と言っておきながら、結果的には時間稼ぎだけして
来るべきものは来てしまっているし。
希望を本意として語るリップサービスは、やり過ぎると投資家を惑わせ、困らせるだけ。


16日はシティの決算か。
体力がないと思われるのに、救済させられた真意がここに。
先日、子会社?がレーティング下げられていたけど・・・今、レーティングに敏感だから、さらに厳しくなるのでは

やはり、ここからの10月の残りの日が、一番アツイことになるのかも。
でも、年末の資金需要問題もあるから11月も分からないか。

資金需要といえば、アメリカの電力会社、資金調達が困難というニュース。
銀行のみならず、金融市場に依存する企業や業界も影響。
高格付け企業にまで及ぶ貸し渋り。そして貸し剥がし。
個人も、あらゆるローンを組むのが難しくなってくると。

ユーロも底割れてしまったか。
ユーロ売りもまだまだ堅い?
今になって、利下げしようかなと言い始めてもねぇ。

よく耳にする、世界協調利下げしてきたとしても、総合的に、焼け石に熱湯

今日急落した東証大型銘柄の取り組み見ても、信用買い増え、返済買い増え、それでも株価は急落。実弾売りの圧力、相当強い。
日計りも相当入っていると思うけど、もし、空売りできない状況でこの売りが降ってきたら、どうなるのだろう?

原油も、30ドル以下のスタートラインまで戻り、長期チャートで、行って来いになるのか?
なんか、外資が数年掛けて上げたモノ全てを、自らぶっ壊して元に戻している感じ。
[PR]
by trader_korosuke | 2008-10-03 03:29 | 株系


<< 酷いな 結局 >>