2008年 07月 04日
流動化の下げ凄い
結局、最近誕生した流動化関連企業は、二束三文で強制的に売らされたイレギュラーな逆バブル物件の買い取りと共に生まれ、消えてゆくことになるのでしょうか・・・

思えば、アーバンの株価がピークだった頃の決算説明で、物件の取得価格も高くなったので、次のステージは賃貸や物件の管理事業で成長してゆくという説明を見て・・・荒稼ぎは終わり、普通の不動産業に戻るのねと思ったけど・・・ゴールドクレストではないけど、あるレベルまでは大きくなっても、大手の壁は厚いなぁと。

ゼンテックといい、ある程度確信持って売っていても、リバウンドも大きいから、我慢できずに買い戻し、そして売り直せず、下がってから株数を減らして参加という悲しい売買だった・・・(現在進行形)

あれ?セブン弱い・・・
ハドソン売り上がり
田中も売り上がり
古河ちょい乗り往復

ふと・・・ビックカメラ1株だけ買い(笑)、優待付き利回り6%か。
4000円のことなんだけど(汗
[PR]
by trader_korosuke | 2008-07-04 13:12 | 株系


<< 結局、最初の簡単な疑問が、全て... 下ごしらえ >>