2008年 01月 22日
暴落時
買うとしたら何を買うかをよく考えておかないと。

暴落するとショートカバーしたくなるけど、ショートが唯一の救いの種であり、
どこまでカバーしてよいのか悩んでいるうちに買いが疎かになって、高速リバウンド
の高値掴みになってしまう怖さもあり、政府の突然の救済策の怖さもある。

最初の急落の8月の信用期日も近づいているんですね。
・・・あれからもうすぐ半年経ってしまうのか・・・。早い。

最近は、子育ての余剰時間はまず睡眠に充て、次に趣味と、パソコン使う時間もかなり減り。
ブログは、自分の考えを整理し、モチベーションを高めるために使っている・・・と

とりあえずは、まず生存しましょう。
[PR]
by trader_korosuke | 2008-01-22 06:29 | 株系


<< アメリカ0.75%の利下げ 予想通りの下落が >>