2007年 11月 01日
なんか胸騒ぎがする
アメリカ楽観的のようで・・・とりあえず、業績思ったほど悪くないみたいと。
ほんまか?

スタグフレーション って叫ぶ人いなくなったのはなぜ?

そういえば、中国も人手が余っている状況ではなくなりつつあるようで。

日本は、下方修正もジャンジャカ沸いているし、好決算発表しても、今後の業績悪化懸念&材料出尽くしでサッパリ別れられると株価ブッ叩かれているのに、指数だけ強い。

見ていると、多少なりとも株価強引に持ち上げて、そして実弾売りをぶつけている銘柄多い。
先日だと、急落前の乾汽船とか、典型的。

11月、12月の相場が強いことが多いのは分かるし、そうなってほしいけど、なんかここ数日見ていると、新しくピックアップされた銘柄はほとんどないのに、はいダメ、はいこれも手仕舞い、と売られる銘柄が目立つ気がする。

ヘッジファンドの換金売りなのか?前回のように大量でなければ支えられると思うけど、今回は複数の清算が重なる。

おまけに、景気悪化時の戦争頼みで、イランにまた難癖つけているし。

それにしても、日本と海外の相場の温度差激しい。
テーマとして買いたいのがあまりないんだけど・・・

んー、アリババ公開まで保たせてくれると願っていたんだが。

そういえば、サブプライムの崩壊のとき、大型ヘッジファンドの株式公開を成功させてから崩壊したなぁ。
[PR]
by trader_korosuke | 2007-11-01 10:24 | 株系


<< んー 仕切り直し >>