2007年 08月 26日
月曜は高いとして
火曜以降、どうなるかですねぇ。

日経やダウのチャート見ていると、次、急落なんですけど・・・

でも、ナスダックは、もう上抜けているしねぇ。
信用買い減って、株価は高値付近まで戻っているのもあるから、ストンピングモード銘柄も可能性としてありえる。

為替も25日移動で跳ね返ってしまうのかどうか?

7月の住宅販売の数字が良いのはそりゃよかったけど、8月~が問題なわけで、何故に手放しで、過去安泰だったころの数字にそこまで喜ぶの?喜ぼうとするの?と。

とりあえず前向きに考えるならば、これから出るであろう悪材料もアク抜けにとらえられる抵抗力が出てきたのか? 
と素直に思いたいところだけど・・・

そうならば、30日のGDPまでは粘りたい気もする。
で、それ以降出てくる8月の数字に対するリアル反応の怖さやSQも考えて、誰かに株をプレゼンツ。


かなりおぼろげだけど、為替が119円ブレイクして円高に振れた後。
それまで数十銭の円高でも毎日何度もニュースで取り上げられて、株価も日々神経質に動いていたのに、一円近く円高に振れた日から少しの間、円高を危惧するニュース(為替に関するニュース自体)があまり流れなくなったと感じられた期間があった。

「円高にブレイクしたのに、もう気にしないの?じゃぁ、このレート容認した株価が時価ということでいいのね?」
と思ったら、円高のニュースが出て急落。
「あのなぁ、そのゾーンには既に入っていたろう。なんで時間差でニュース出して、市場も反応するんだよ。」
って、思った記憶が残っている。
[PR]
by trader_korosuke | 2007-08-26 17:53 | 株系


<< とりあえず 嗚呼 >>