2006年 12月 19日
不動産価格
山手線内側の某エリアの不動産屋を覗いてみると・・・

住居用の土地や中古マンションで、最近なんか値下げしている物件が多い。

商業用途系は下がっていないようだけど。

夏頃から売れ残っているのには1割程度下がっているのも結構ある。

不動産屋さん達は、不動産の値段が上がり気味ですからを、謳い文句にしているけど・・・

昔、港南地域で高層マンションの竣工ラッシュになった頃にも一時期買う人が減って、
一気に買い手市場になり、叩き売りされたこともあったなぁ。
でも、それらは新築だから今回とはちょっと違うか。

お金持ちは中途半端な中古より新築を買う。
中古も値段が上がってきているから、見る側もシビアになってきて、内容次第というところですかね。
安いからなんでも青田買いというのは、5年前頃で終わったと。

土地も、値段より場所を重視している人が増えているようにも見える(自分も)

住み替えで新築買って中古を売りに出す。
まだまだ高層マンション乱立するけど、人口は減っているよね。
普通に考えるとダブついてきて当然のような気がするけど。

関係ないけど、地方都市のように、都心部に集中して住んでもらう政策もなるほどと思う。
目先で見ればだけど。
[PR]
by trader_korosuke | 2006-12-19 02:25 | 株系


<< 滅 多分 >>