2006年 05月 22日
んー
上げ期待中心で週足で見て、過去数年と同じく単なる調整をしていると考えると、日経225、ボリで15300~400円程度。このレベルだと、RSIも30%程度になる。昨年春と同じ感じ。
月足で見ると・・・
つーか、今波乱に満ちているから、過去を振り返るより需給次第か。

円高になったら外資は利食いするのは分かるとして、円安になったら収まるかと思ったら、最初から売る気満々で、含み益減るから焦って売っているのか?

しっかし、アメリカ市場、どういう状態になってほしいの?
成長、成長鈍化、インフレ、デフレ、個人的になんかしっくりこない。
ただ、ただ、周りを見て、「ウヒャ~」と流されている感じ。 

最近、投信買いを期待しているコメントをよく聞くなぁ。 
投信かぁ・・・結構な資金集まっているみたいだから?、底堅めしてくれるのかねぇ。
個人的には、その程度の資金では焼け石に水みたいな気休めな気がするけど。

----------------------------------

三井住友銀行が5月15日から販売を始めた、インド株投信。
まさに、急落直前のピンポイントに販売開始。
株式指数、昨日までメタメタに急落しているのに、今日は追証も絡み、-10%以上暴落して、取引一時中止措置がとられる。
インド財務省がパニックにならないよう呼びかけ、追証を迫られている投資家には資金を提供するとコメント。
買うのも売るのも注文翌日の終値。&様々な手数料をマイナス。

投資信託って、買いは勧めても、売りを勧めることあるんだろうか?
下がったら、押し目で買って買い単価を下げましょうと言われるとは思うんだけど。
外国債投信も急落前に宣伝バンバンしていたなぁ。
-----------------

自分も、GW前、海外投信解約しようとしても、渋って全然解約させてくれなくて半分喧嘩腰になった。 最後、担当も捨て台詞モードになって手続きしていたし。それでも、渋られて、一部だけ解約ということになった。

その後、残りを全部解約しようとして、連絡してから(全部解約とは言っていないが、解約手続をしたい旨を伝える)窓口に行ったら・・・
「担当のOOは不在で、OOからXX投信に関しては解約を受けるように聞いておりますが、それ以外の投信の解約に関しては聞いていないので、解約の注文は受けかねます。日を改めて担当と相談してください。」
みたいに言われて断られた。

そもそも、売買において、顧客の注文を断っていいのか?
俺が決めて注文するんじゃないのか? 担当と合意の上の注文じゃないと駄目なのか?

でもって、翌日銀行に行ったら、案の定、支店長が出迎えて、売るのを待て待てトーク。
それでも断ったら、「私も、以前、XXXX億円の資産運用していまして、状況をよく分かるんですが、それでもOOさんはそうお思い(売りたいと)なんですね?」と

嫌味的に言えば、凄い資金を扱ってきた百戦錬磨の私が売らなくてもいいと言っているのに、屁みたいな金を運用している貴方は、それでも、自分の考えを優先させて売りたいのか?と。

いやー、面倒くさかったな~ 
こういう体質だからこういうことも起こすんだよ。全く。


定番のセリフ・・・「下がったとしても、戻ると思うんですよねぇ」 
戻るって、月単位か?年単位か?
戻るかもしれないけど、急落の可能性があるから、様子見で一旦売りたいんだつーの。
定番のセリフ2・・・「余剰資金なら、売らずにお持ちになっていてもよいですよね。余剰ではなくて、生活に必要な資金だから売りたいのですか?」
金持ってるんなら、売らなくていいですよね?と逆撫で戦法。
[PR]
by trader_korosuke | 2006-05-22 15:48 | 株系


<< クラッシュー バンデクー♪ 前場 >>