2013年 06月 07日
昨晩、2時間ほどウトウトしているうちに
為替が凄いことになってた。

3円円高ですか。

チャートの支持線割れ、次の戻りも支持線で上値弾かれ・・・・たと思いつつ、寝て、記憶が消えたら、次のチャート作成タイムでドル円急落。

今また、リバウンドで戻っているけど。

ポジを円高に振った時に、うたた寝てしてよかった。

先日は、円安リバウンドだ・・・と、一瞬片張りした時に、うたた寝して記憶がなくなっていて、目覚めたら、円高で青覚めたことあったし。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


今週聞いた噂話を結びつけてみたのだけど・・・


5月24日(23日?)以降、タックスヘイブンに口座を置く、近所の某国の方々に捜査が入ったらしい?

〇〇関連銘柄や信仰銘柄で、大相場を作った方々。

大元の資金源には、〇〇関連の借り入れ資金も。

その、〇〇関連の上昇やら規模からして、利益は5000億円以上になったのではないか?(勝手な想像)


選挙より結構前に、相場が逆回転してしまった理由を無理矢理考える上での妄想で

通常考えられている理由が一番わかりやすいけど、今日の(これ書いたの昨晩なんだけどUPしてなかった)特定業種への集中的換金を見ているうちに、
仕掛け人の彼等が、理由があって、一気に手仕舞いを始めたということも考えられるなぁ なんて。

(で、その下げを見て、個人が解約すると、さらに自分のポートフォリオを自分で壊すファンドなんかも。
毎度のことですが・・・)


これを想像して、まず思い浮かぶのが、ITバブルの頃にあった同じ話。
あの時も、同じくタックスヘイブン使った近所の国の方々が、いろいろな銘柄で戦果を上げ、最後、ITバブルの末期に?、〇〇証券絡みの三ツ矢サイダーなどで逮捕者が出たことがあった。

思えば、そのニュースの少し前から、相場から資金が一気に抜け、終わった

仕手株は、個別銘柄だからわかりやすいけど、仕手相場って全体が動くから、わかりにくいよね。
兆お金持ちによる、お金持ちのための相場というのがよくわかる。

でも、買い残的にはまだまだなんだよね。あの頃に比べて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の、個人が好きな銘柄の信用買い残を見ていても、増えているのも多く、押し目買いし続けている感じに見える。

まだまだ、惜し目買いの余裕しゃくしゃくだねぇ、とも思えるけど、2日前の高値から30%安しているから、ショートカバーもしている。

ストップ高連続の銘柄は多々見ているだろうけど、ストップ安連続の銘柄は見慣れていない人多いよね、新規参戦者。

でも、アルゴリズム売買が大量に入っていて流動性あるから、売りたければ売れるのよね。
昔は、売り気配で終わった銘柄も多々あったけど。

で、不動産株は強かったりする。

これって、やはり、インフレ期待(ヤバいインフレね)はしているのねと?

創造の前に破壊あれ(by ビルス) 円急落の前に、円高あれ と?
ガイアや、マスコミが105円と連呼しているときに怪しいと思っていたが・・・やはいですね。

とりあえず、あとは、戦争系銘柄とか不審な動きがないかチェックしている。
あとは、東証での個人大好き銘柄、スバルとか。

唯一の失敗は、アメリカと、日本相場の寸断で、あれもダメだったこと。
アメリカも壊れたら、世界相場壊れるか・・・
でもねぇ、こういう、今日は弱いです!フェイントかけて、明日いきなり強かったりするんだよな・・・ここだけ困りモノ
[PR]
by trader_korosuke | 2013-06-07 09:58 | 株系


<< ソロスが お前らいいか! 商品だからな、... >>