2013年 05月 30日
1クールの上昇より、一回のストップ高! (株エガちゃん)
株高だから債権が売られるというのはわかる。

で、債権を守るために株が売られるのもわかる。

じゃぁ、株が下がっているのに、債権も下がるのが止まらなかったら?

まぁ、コピー紙幣だし、緩和を止めなければ、壊れることもないと思うが?

アメリカも、日本も、FRB、日銀の一手買いなわけだし。
イングランド銀行モードにさえならなければ。


とりあえず、SQに向けてだと思うけど、買い方vs売り方の超大口の殴り合いに、個人とかが振り回されていて敵わんよ。

台風の中の小舟状態


暴落の時に喰らっていなくても、暴落後が痛いんですけど。


で、ファンドは個人の資金の呼び込みを止めないために、月末の株価位置は確保したい?

以前、3月末のREITのことを書いたように。



週末、繁華街を歩いていても、株をやっている、株を始めようと思う、FXがさ、株価xxxxだけどxxxxになると思う。
こんな話が何度も耳に入る。

飲食店の中じゃなくて、歩きながらこんなに耳に入ってきたのは初めて。

客の入りや売れ行きはどうか?と、高額Shopの店員と話せば、その店員が株の話を始める。

月初は、「株をやろうと思っている。いろいろ教えて欲しい!」と
で、最近は、「最近、株を始めたんですけど、困りました。この暴落はなんでしょう?」と

同一人物。

月初に、「急落がきた方が、リセットできて有難いと思っているような人がたくさんいる状況だから、今からなら、押し目を待って様子見がいい。」

と言ったのに、買う気満々で話しかけてきたから無理か。

まぁ、空売りもだけど、何度も、押し目(難平)すれば報われることを味わった後、最後難平地獄に嵌るパターンが多いから、今回はまだ2回目か?


現状の自分、ポジ構築は悪くないのに、気持ちが弱気だから、大口の揺さぶりですぐに死亡する。

今日も、引け際の日経先物の売りから派生した、SBの下落なんかで喰らうし。

手堅く、一口かじって人にプレゼントすればいいのだろうけど、ポジ貯めようという思いと、不安が連動しているから、劇場シンドロームの写真見せられると、逆モードになって、ポジを増やせば増やすほど、利益の落差、そしてロスが大きくなってしまう。
買い板の逃げ方も半端ないし。
でも、大損してまで投げるわけではなく、デイの売りが多いから、ある水準まで垂直落下するが、そこから底堅いという状態で、含み益、含み損の往復が神経を蝕む。

そして、為替も同じく。

自信もって先が読めないというのもあるか・・・


 創造の前に破壊あれ!
[PR]
by trader_korosuke | 2013-05-30 04:05 | 株系


<< 前引け、後場寄り付近で手仕舞い 日本国債+ >>