2012年 07月 27日
繁栄と衰退の定番の流れにみる
モバゲ と グリー

・最初は結構真面目にゲームを作り、ストーリーを有利にするための課金

・徐々に課金部分が露出し、ゲームの内容がシンプルになってくる

・そのうち、ゲームではなく、競争イベントを繰り返すサービスになる

・利用者も競争が新鮮で、大金を使い、競い合う

・主催者もホクホクで、利用料金の吊り上げをおこなう(1購入100円から、300円等)

・競争とは、数字の大きさ・希少アイテムの保有を競うことなので、イベントをおこなうごとに、さらに強い武器等が出てこないと利用者が付いてこず、そのうちに勝負のバランスから、数字を大きくさせるのが難しくなってくる

収益頭打ち気味
・収益を確保するため、バランスよりも、とりあえず、課金者、ヘビーユーザー中心のサービス・課金アイテム作りが止まらなくなる

・ガンガンに使うヘビーユーザー向け&収益向上のため、売買単価を高くする。
(敵が何らかの宝箱を落としてくれるアイテム、7個で1000円 ~ 21個で@3000円 byFF)

ゲームと違い、課金中心なシンプルなサービス&端末側の制限により、単純作業をして何かを集め、それを使って(敵を倒すなど)アイテムをゲットする構図は変わらないので、ワンパターンで飽きられてくる。

・値引きしたり、おまけを付けたりして、なんとか課金させようとする。

そして伝説へ・・・


登録者260万人突破?だったか書いてあった戦国コレクションも、数ヶ月前のイベントに参加したら18万位くらいだった。アクセスしたら、かなりの人がイベントページはクリックすると思われるので、ガチャ回して帰る人除いて、リアルな利用者数も20万人程度だったのだろう。
最近のイベントでは、順位を表示することも止めてしまった。利用者急減している可能性もある。


--------------------------

振り返ると、アバターブームも同じ

こうやって書いている内容も、同じことをしつこく毎度のことで。笑



でね、、、、、、

最近、私、オンラインゲームデビューしたんですよ。


オンラインゲームと言えば、ディアブロができたころにかじっただけで、あれに嵌って会社を手放した人も知っているくらいで(オンラインゲーに嵌りすぎて、会社でずっとプレイしていて、副社長が業務を全てこなし、ある日突然、副社長から「おまえ、こなくていいよ!金やるから辞めて!」と言われた人)ネット廃人になりたくないからという偏見でプレイしていなかった。

会社でオンラインゲーム作っておいて(多分、ここを見ている皆が一度は広告を見ている?)
さすがに、知らなさ杉はまずいなと・・・

でも、PCではなく、PSNの。
オンラインゲー?、面白い。

今、プレイ中なのは、みんなでスペランカー、リトルビッグプラネットとか。

で、何が言いたいのか?というと、みんなでスペランカー、800円なんですよ。 爆笑して楽しめて。

一方、FFブリゲイトでは、1000円払って、敵が7回アイテムを落とす権利を買う。(でも、落とすアイテム、基本スカ、運がよければ・・・)

どこでも気軽にと、据え置き型では全然違うけど、凄い価値の違いだなと。


やはり嫌悪感抱くのは、PCオンラインゲームだと、練って作り込んで評価され、課金も増える。
シンプルイズベストの作品もあるけど、良いゲームを作ったから課金も増えるという構図が基本。

一方、携帯ゲーとかは、課金で目茶苦茶稼げるゲームを安く、早く作って!独創性はリスクだから真似して!という、クライアントポリシーが違うんだよな。
[PR]
by trader_korosuke | 2012-07-27 12:49 | 株系


<< 調子良かったのに 体調不良 >>