2005年 01月 14日
GMO
検索サイト人気、Yahoo!とMSNがGoogleを追い上げ

 調査はコンシューマー2000人を対象に実施、検索サイトの利用状況や満足度について調べた。その結果、首位はGoogleがキープ。しかし2位のYahoo!と3位のMSNが、昨年5月に発表された前回調査から大きく支持を伸ばし、Googleとの差を縮めた。4位のAsk Jeevesもローカル検索の強化に支えられてユーザー体験が向上。5位はLycosとなっている。

 Yahoo!は前回調査以降、ローカル検索の強化を図った結果ユーザーの評価が大幅に上昇。MSNは昨年7月に検索結果ページでスポンサー付き検索を分離した結果、やはり大きく支持が伸びた。スポンサー付き検索結果の有用性はユーザー体験を左右する大きな要因の1つとなっているが、MSNのスポンサー付き検索が役に立つと評価したユーザーは47%に上り、前回の37%から増加した。

>9199.jpねぇ
場合によっては邪魔な検索結果になるんだよな。
スポンサーが入っているキーワードだと、検索したらそのサイトに飛んでゆくしね。
ポップアップ等で広告バナーが入るならまだしも、検索結果とはあまり関係ないHPに飛んでゆくから、何も分からない人だと、後は左側に並んでいる検索結果しかないのか?と思ってしまうだろうし。
慣れればいいだろうけどねぇ。
例えば「液晶テレビ」で検索したらソフマップのHP出るし。
これはちょっと検索の目的が違う人が沢山いると思うんだが・・・

でも、トヨタ、ホンダ、スバル検索したら直でHP飛ぶのはいいか。グループ会社が沢山あるところはいいね。

おぉ、証券会社で検索したら、コスモ証券が、ババーンと出た。
ドンキホーテと入れたらドンキホーテが・・・
ま、これはこれで便利だね。

一部キーワードが、ドメインみたいに広告を契約した者勝ちになると。
他にも検索してみたけど、結構ヒットする。
こりゃ、利用者の数は知らないけど、広告は集まっているっぽいね。
パン とか 占い とか
[PR]
by trader_korosuke | 2005-01-14 17:37 | 株系


<< 取材の申し込みがあった・・・ ゲンダイ >>