2011年 12月 17日
ゲーム開発の匂い
縁日ゲーに関しては、大規模は停止、小規模を継続。

ソーシャルゲーに関しては継続。
ただし、オンラインやコンシューマーと同時も多い。

縁日ゲー縮小で、コンシューマーは元気が出ている。
昨年までは、コンシューマー作るお金があったら、縁日ゲーを数本作るというスタンスの会社が多かったから。

今は、利益が出た分もあるし、一度はコンシューマーに戻ってみよう。的なスタンスか。

とりあえず、ソーシャル+オンライン+PS3、X、PSP、Wii の流れ。

縁日ゲーのおかげで、コンシューマーゲーム市場は、多大なダメージを受けてしまった。
縁日ゲーから、普通にゲームと呼べるゲーム市場へお客と資金が戻れるかどうかの2012年


チョコレートの100円
お菓子の100円
マックの100円
清涼飲料水の100円
100円ショップの100円
アバターアイテムの100円
ガチャガチャ、体力回復の100円~300円

当たり前として生きてきているけど、生活系の商品の100円は、生産、仕入れ(輸入)、加工、流通・・・と本当に凄い手間が掛かって100円
ガラゲー感覚で同じ労力を考えると、その価値は数千円以上か。


100円ビジネスって本当に面白い。
一番割安な商品を販売する激戦区でありながら、その慣れによって、逆に一番割高な商品を買わせることもできる。
割高な商品は、100円硬貨で支払うのではなく、引き落とされるのがポイント。

ダイヤルQ2といい、昔から変わらないね。このビジネス。
[PR]
by trader_korosuke | 2011-12-17 01:37 | 雑談系


<< 日本の人口の長期推移 バタバタな日 >>