2011年 12月 08日
インデペンデンス・デイ
ドイツは頑固で駄目だ系の記事が多く、ユーロ崩壊はメルケルのおかげなどと囃しているところも多い。

でも、逆にそれは投機筋を有頂天にさせるための、ドイツ・フランスの罠という説もある。

為替も、景気敏感国が妙に強いのも罠なのか、先を見越してなのか?
ただ、国債が昔のレアルみたいにビシバシと個人投資家に売られているのがね・・・


株式相場を見れば、昨日の銘柄(ネットイヤー、ビットアイル、シナジ)等も含め、明日に向け、今日、明日で仕上げている(後悔しない範囲まで上げてしまう)のも多い。

ただ、某仕手株に関しては、嫌いだけど、個人的には、この水準から2回ブッ飛びさせてからフィニッシュさせるのが美しい気がしているけども。

----------------------

ポンペイ モードに気をつけなくては
[PR]
by trader_korosuke | 2011-12-08 12:23 | 株系


<< 年末モードですかね 明治 粉ミルク ステップ + >>