2011年 08月 18日
強い銘柄も
明日の寄りまでかなぁ?

全体見ると、急落して逃げられなかった個人の信用買いと、押し目を拾った信用買いで、株価位置的に見て信用買い残が凄くて、ここから突き落とされたらどうなるんだろう?

リーマンショック後からの月足チャートでの売り。日本電産とか凄まじい。
今月、ここまで一気に売られると、利食いというより、資金調達のための換金売り風。

ユーロ圏の某銀行が、翌日物ドルの大量調達?というニュースもあったし、資金調達難で資産投げ(ブン投げまではいっていない)ているところがある?

今月からさらに、世界協調より自国で精一杯モードのニュースが増えて、大丈夫かいな?と思ってしまう。
最初にヤバイと感じたのは、先月のブラジルの1%課税ニュース?だったかなぁ。

どんなに引き締めても過熱が止まらない国と、どんなに緩めても消費しない国。
歩み寄れずにグチャグチャ。

(車のタイヤのグリップ状態で、過熱しすぎてスリップし、カウンター当てるも一回で収めるのは難しく、反対に大きく振られながら落ち着かせるが、上手く扱えないとそのまま事故る。)

大恐慌の事例を考えると怖い。

でも、皆が警戒しているから、うまく調整で踏ん張れるのか?とも。

極論、経済指標の数字も本当か分からない。
コモディティも、本当に在庫があるのかも分からない。

スイスフランも、先日下げ止まりと書いた後、ニュースでは下落・急落と書かれているけど、円と比較してみれば、横揉みしているだけなんだよねぇ。

Yahooファイナンスのトップページのニュースとか、閲覧者が多い場所で公開されている記事で、妙に楽観的・悲観的だな、と違和感を感じる記事は逆を考える。

結論は・・・考えても分からないから、霧が晴れるまで様子見気分。ということか。

思い出したけど、年金が、年金支払い資金捻出のため、夏頃からかなりの金額の株を売却する予定だったっけ?国債も。株価位置関係なく売らなきゃならない。

---------
グリ~ 
約定を見て、2480円の売り壁の構築が気になる。
株価位置的には、今ぶつかった後、数円下でうろついている状態だけど。
[PR]
by trader_korosuke | 2011-08-18 12:44 | 株系


<< さて+ 緊急地震速報売り >>