2011年 01月 04日
理想なのは
2011年末になって、昔の株ブームの時のように、「株特集本、ムック本、株でXX儲けた系の自慢本」が大量に書店に並ぶこと。

さらに、ダイヤモンロ社の人が、最近どう?ご飯食べましょうと連絡取ってきたりしたら(笑)
そういう状況になれば、典型的ピーク付近と。
できれば、日銀買いが一旦終わっても、不動産ブームは続いてほしい。

が、実際どこまで株高演出を引っ張れるのか用心。


高利回り小型株ファンドも増えてきましたね。

一昨年~、高利回り中期投資系で買い、ここに書いていた銘柄の一部を思い出すと・・・

アークランド3085
セゾン情報9640
ホシザキ電機6465
大黒天物産2791

いずれも、買い始め(書き始め?)から2倍くらいになっている
(まだ買い増したいのに、売りが出にくいのは省いている(笑)

ニフティ3828(これは7万以下が、あまりにも割安と思えたからなだけなんだけど)

ローソンチケット2416(途中崩壊して上場廃止になったけど)
ビック東海2306(これも同じく)

他にも、利回り3%~で増収増益な銘柄はある。(自分のまとめたポートフォリオ一覧で見ると、20銘柄~)
皆、流動性低いけど、業績は悪くない。
が、昨年、アイエスビー9702とか、ソフト会社が幾つか下方修正・・・

自分のポジ全体の中で見れば、これらの銘柄は、おまけ程度の比率でしかないし、偶にしか気にしないけど、拘るのは止まらない・・・
自分に中小型株ファンド、やらせてくれないかなぁ(笑)

って、途中で一度up

-----------------

グルーポンに関しては、根本的な部分での成長ビジネスではなく、極端に言えば、目先、なんとかしたいと困っている店を喰い物にしていると思うし(株式モードで言えば、トントン売買ばかりで利益は出ていないのに、売買手数料だけ毎回取られて、段々力を失ってゆく顧客達)、ライバルも急増だし、グーグルの買収案に乗ったほうが良いのに・・・と思う。
健全な店も、その値引きモードに巻き込まれて大変だろうねぇ

追記

でもって、値引き合戦が過熱すると、次のステージになる。

・原材料価格が上がり、でも値段を上げられなくなると、原材料のグレードが下げるとか。
・自動車会社がコストダウン考えすぎて、パーツを効率化しすぎて、安全面を疎かにしてしまうとか。
・値引き率を意識して、定価を上げてしまうとか。
[PR]
by trader_korosuke | 2011-01-04 00:08 | 株系


<< 怖い 比重変更 >>