2010年 10月 14日
返信をこっちに
>>スタグフレーションが騒がれてくる鴨

>同感です。
>どの程度の発生確率なのか、規模と速度はどうなのかは想像もできませんが(-_-;)
>白菜4分の一カットが150円、長ネギ1本130円、なんてのもその一端ですよね

特定野菜が高いのもあるので、天候不順の範囲かもしれませんけどね。

うちの近所を見たら・・・(有機栽培じゃない普通の)
白菜4分の1カットが198円でした。一個800円!!
長ネギ1本198円?298円。
じゃがいも1個47円。(親が大量に送ってきてくれているので買う必要なし。玉ねぎも)

>食料なんかは異常気象が引き金になったりしますし、巨額グローバルマネーの投機が
>いろんな資源市況に影響を与えていたり
>無駄を省き尽くした結果、供給が需要を満たせないレベルで均衡してしまう状況。

うんうん、技術の進歩等で供給効率をアップしても、消費者が増えるスピードが早すぎる。
(中国の一部の省で、一人っ子同士の子どもは2人目もOKというニュースを今日見ました)
それに加えて、振れ幅の大きい、地球寒冷温暖化になっているから、異常気象が起きたら、
すぐにバランスが崩れる。

>効率化を突き詰め、遊び(余裕)が無くなり、小さな変化にも対応できない状況に
>部品の共通化でスケールメリット?部品に必要な資源が止まれば影響は広範囲に
>先日のレアアースも、オイルショックで産業構造の変化を強いられたのと被ります

トヨタの企業努力の成れの果てというか、効率化という言葉の善玉菌が悪玉菌に変わり、
見た目が分からない素材自体・安全を削って効率化に・・・
エコとセコの違い、倹約と節約の違いをはっきりしろと・・・
加工食品もそう。5年前と同じ原材料、配分、量で作っている大衆食品、ほとんどないのでは?

>医療費が高い、政府の負担も大きい、なのに医師や看護師の所得は割に合わない
>無農薬有機栽培、害虫と闘いながら苦労を重ねて作っても、満足な所得を得られない
>売値と買値の希望価格は乖離していくだけって、これもスタグフレーション?

>これまでのモデルって
>対価に無駄(無駄遣い)がないと成り立たない経済構造だったのかもね(;^_^A

農業も支援金がないと成り立たないモデルでしたしね。

巷では、短時間に破格の商品を一定量まとめて販売するビジネスモデルがヒットしているけど、
これも又、デフレ支援ビジネスで、目先のお金欲しさに店が集まるけど、喰い合いというか、
結局収益率を減らし、薄利多売(赤字)モデルへの道・・・
でも、他が始めてしまうと、乗らなければ負けてしまうというジレンマもよく分かり、大変だな・・・

----------------------

今、為替が81円割れになっていますが、これはある意味幸せな部分も多いと思う。
これで1ドル100円なんかになっていたら、輸入物価2割高
これだけの円高になってさえ物価が上がりつつあるのに、これで円安に振れたら・・・
つーか、ニュースに出てこないけど、諸外国の物価どうなっているの?高騰していないのか?

金、銀、大豆etc様々なETFが高値更新しているけど・・・サブプライムの頃は石油中心だったのにね。
これも、ジャブジャブマネーが、一般庶民に来ないで、まず運用の世界に回って、そこで回流して
終わっているという流れか?

確かに、目先業績も円安がいいと思うけど、先進国の「うち、ほんとボロボロですわ」の通貨安政策も、
諸刃の剣。

ドルベースで見れば、日本の株式チャートのパフォーマンスも悪くない。

日々人口は増え、日々お札が増えてゆく、資源は増えず、そして徐々に採掘しにくくなる、食料は徐々にしか
増やせず不安定、水も今の10倍以上の高価になれば海水飲料水なども可能?
人間が生み出すもののインフレモード驀進中。
通貨の価値が下がると共に、株式にもインフレが反映され、それでダウなんか上がってもいい感じ。

とりあえず、X-dayが1月末なんて話も聞くけど。

株式は・・・中途半端なサービスやビジネスは、不安定な世の中よく分からない。通貨の上下はあるにせよ、方向性として単純明快な資源、そして世界系のネット企業この辺りに集中させているの鴨。 
45日ルールがどれだけ適応されているのか分からないけど、直近の下げは11月末に備えたファンドの売りも出た気がする。それと、ポジ再構築。

と、一気書きしてみたので、何か変かも
[PR]
by trader_korosuke | 2010-10-14 20:40 | 株系


<< 円高になるならば 目まぐるしい >>