2010年 10月 08日
なんか・・・
東証の星より、信仰の星の方が、圧倒的にパフォーマンスよくなってしまった。汗

全体相場はよく分からなくて、思考の邪魔になるから、細かい先物の値動は見ないという感じ。

世界中で、中国包囲網ができている。
一昨年からの期待の星で、先進国がコケても、中国~ブラジルで消費してくれるからという期待。
でもって、しこたま預金しただろうから、これからは輸出なんかしないで、輸入して消費してくれ!
元高になれば、輸入は万歳じゃん!でもって、今、格付け引き上げ見直しとニュースが出ていて、元高包囲網が着々と進行している。

毎日毎日、寝ても冷めても元高、元高! 元高も悪くないよ!と本音が見え見えの発言ばかりだから、中国は気に入らない罠。
(元高のせいで、アメリカの景気はよくならないというアピールも強いから、選挙が終わったらトーンダウンかな)

日本もだけど、生産国で成長し、消費国になるときって、プラザ合意みたいな儀式が必ずあるのね。
でも、相手は中国ですから・・・日本みたいに、相手のことを考えて、そうですね、痛みを受け入れるしかないですね・・・なんて、言いなりにはならないと。

とりあえず、中期では、インフレ、インフレ好感銘柄、紙幣から実物へ
インフレ方向ならば、今回の日銀の対策も追い風。
日本はそこまで土地の価格がバブらずに終わったし、再度不動産が↑向けば、デフレ対策には効果的。
REITは、保有物件の価値は上がっても、物件をポンポン増やせるわけではない。
それよりも、物件を生み出し、動かせる側の方を。

1~2年後の混乱(?チェンジ?)した未来の方が漠然でも想像しやすいけど、ここ数ヶ月がちょっと曇り。
[PR]
by trader_korosuke | 2010-10-08 12:03 | 株系


<< 余裕なんですか? そうですか もし、このまま >>