2010年 10月 04日
個別と指数のギャップが凄い
でもって、先物は、チャートをキッチリと守るというか、9520円の抵抗線に触れて失速。

何日も上髭付けて下げ、厚塗りして重いとしか見えないように動かすと。

銀行がボコボコで、他の銘柄もボコボコ。
みずほが凄い。

このボコボコぶりで、指数の帳尻をよく合わせていると思う。
自分の指標系では、THKや船井が元気に下げ。

大口がいなく、少ない筋が動かしている細かい銘柄は堅調なのも多いけど、少ない筋次第なので、気張るわけにもいかず。

以前、公募株買わされて放置していた個人に、「これ投げて東京電力の公募買いましょう」とか勧誘するのやめれ(多分、そう思う)

サンリオ、どこまで上がるかよく分からない。
株価的には目標があるけど(3桁の頃の株数持ち続けていたら、結構嬉しかったのだけど)、彼方此方の店舗でブースを作って売っているのを見ても、そんなに買っている客いないし、似たものばかり。

どうして、ここまで会社と店舗両方が、短期間で総攻撃掛けているのかちょっと分からないなぁ。

外国で売れているのは知っているけど・・・ディズニーのようにいろいろ展開しているわけでもなく(比較するのが失礼ですが)、キャラクター作って、頭を捻ってコラボしたりしてグッズを作っているレベルな気がするのだけど。

前回も今回も、円売り介入は欧米のヘッジファンド等への利益供与ですか?
為替介入日の株価の動きがいつもと違う銘柄があるし。

アンリツ、スカイマーク、サンリオ、価格コム、住友鉱山、いすゞ、日産、スズキ、ブイテク、スタートトゥデイ、タカラバイオ、プロミス・・・

銀行の株価が急落している状態では、消費者金融に追加融資とか言いにくくなるねぇ。

-----------------------------

車・・・燃料電池の部分を脱石油にしても、ボディ、タイヤ他の部分で石油が必要なのだから、どうしようもない。
あと10年で、プラスチックの代用品の世界的量産は可能か?
エネルギー源として石油(電気他)に変わる物は?

モノを売るためのエコ宣伝がなくならない限り、revolutionは無理なのだろう。
というか、家にあるもの、生活で日々使用しているものの何割が石油製品なのかを考えた場合、どうしたらいいというアイデアすら自分にはワカラン。

長期で・・・

石油価格の上昇(前回の高値更新)
食料関係企業の株価・ETF上昇
金価格は?現物は↑ ETFは?(最終段階的には、花より団子状態になるか?)

自分が生まれた頃は、世界人口30億人代だったはず。
それがもうすぐ100億人。
それも、同じ豊かさの水準での人口3倍ではなく、世界中の豊かさが、急激に底上げされている状態での人口3倍増。

豊かさを味わい尽くし、そして先行き不安が頭をよぎる人々よりも、今豊かになったばかりで、目先の贅沢に貪欲になっている人の方が多い。

食料も、以前より効率良く栽培できたとしても、3倍多く実るわけではないし、食料はベストな状況で毎年栽培できるわけではない。
そして、限りある水。さらには空気。

目先の金融相場は付いてゆくしかないとして(紙幣を信用通貨として使用している時代のリスクの部分の範囲まで・・・インフレになったら金とかいうレベル)
秒単位で世界人口が増加している部分で、極端な話、水資源確保、農地の確保。そして、地球寒冷化に向けて、住みやすい場所(農地も)を考えることも、ホイップをつかむような感覚であっても頭の片隅に置いておこう。

と・・・人間はそこまで愚かではないから、中国のように、世界中が一人っ子政策のような対策を練れれば、それでOKなんだけど、発動しても、人口減の成果が出るまでのタイムラグが致命的だ罠

千が一、人口の件は制御可能として、石油等、資源は限りあるので別問題。
で、これまた石油の作られ方について・・・実は、地球の内部で常に作られているものなので、枯渇しないという話もあったりして・・・
どちらにせよ、石油はすぐにはなくならないし、産出量が減っていったらエコや代替物で対策するだろうし・・・枯渇レベルまで減って、世界で使うには足りない状態になるまでに、あと50年~程度はかかるだろう。

一気書きしたけど、相場には関係なく、憶測だらけ。

とりあえず、225先物に関しては、数日間、じっくりと上髭で落し蓋をしたので・・・

週末は、福岡に行かなくては
[PR]
by trader_korosuke | 2010-10-04 16:32 | 株系


<< んー ソフトバンクが >>