2010年 04月 05日
回復論以外の、途中経過論も
GW以降の時間軸的な流れは、そのときに考え直す。

世界回復のための上げなのか、世界再製への流れの上げなのか?
枝葉を付けて何パターンも考えておき、動きに合わせて即行動する。

風船は膨らまさないと割れにくい。
風船に入れる空気は無尽蔵にある。

数字表示のずるさ危うさ、現物でもの悲しさ。

円高ノックイン債、金価格、元の切り上げ、排出権取引、中国先物取引、CDS期限etc 
の動きと、主催者側の利益、意図。

初押しは買い。
押し目3回で1セットの長期夢モードに入るのか、バブル以降のトレンドラインか。

来年春? 数年?

日本のバブル期間、中国先物開始後、上げ始めてからの期間比較。

悪材料の種は、景気がよくなるとき、人が寛大になり気にしなくなるときに蒔く。


但し、期間的なチャンスは、化かされたつもりになって追うこと。

排出権取引といい、これだけ沢山のネタを作ったわけだから、収穫するつもりで、ある程度は長く飛行するだろう?
[PR]
by trader_korosuke | 2010-04-05 17:41 | 株系


<< 急速調整?or? いろいろ動いていますね >>