2010年 03月 19日
力のぶつかり合い
買い方が強い銘柄は、成り行き売りが出たとたんに、その数倍の成り行き買いで応戦。

動いている銘柄数も増え、集中しないと大変なことに。

桁違いの売り蓋がある銘柄は、逆に食べさせてもらうことで一気に玉を増やせて、やる気が出るという好都合という状況に・・・

その裏でツガミは、1月8日からの自分のトレンドラインを一旦割り込んでしまった。 信仰寄りの気持ちもあるので、寄りで全部手仕舞い。でも、一目だと問題ないけど。

ユビは、妙に下値で売らされてしまっている。汗


ただ、言えることは、自分の売買が上手いわけではないということ。
そんなこと言ったら、ITバブルの時は、全員上手かったことになる。
自分の選んだ銘柄が上がるんじゃなくて、ほとんどの銘柄が上がっている。
そして、株価動けば注目されるから、皆知っている。
(動意前、動意直後に注目したら上手いといえるけど)

上がっている銘柄が少ない時に、上がる銘柄を見つけるのが上手い人。(空売りでもいいのでしょうが)
下がっている銘柄が少ない時に、下がる銘柄を見つけるのが上手いハズシ屋。

まぁ、どれもこれも上がっているときに、自信満々に「自分の選んだ銘柄は上がりましたよ!」、「私は当たり屋です!」なんて言っているのを見ると恥・・・
そんなのでよいのなら、私も、当たり屋商売でもしますか(笑
[PR]
by trader_korosuke | 2010-03-19 11:36 | 株系


<< ユビキタスを下げる前に 日経ですが・・・ >>